ローン借換シミュレーション

最適なローンの形は、金額や状況によって人それぞれです。払い終わってから、「損をした!」と嘆く前に、ローンを一度見直してみませんか?

物件の代金をローンで支払う場合、金利は非常に重要な要素です。
0.1%の違いでも、長期的に見ると、その金額は軽視できません。まずは、下記の例をご覧ください。

Aさんの場合:51歳 教員 既婚者 年収750万円の場合

Aさんは、投資物件5戸(総借入額5,450万円)という状況でした。

既存借入額の内訳
1.Aノンバンク 年利3.2% 残900 万円
2.Bノンバンク 年利3.4% 残950万円
3.a都市銀行 年利3.0% 残1,100万円
4.a都市銀行 年利3.4% 残1,200万円
5.元外資系 年利3.6% 残1,300万円

Aさんは、複数の金融機関から借入していました。金利も返済日もまちまちだったため、ローン借換シミュレーション会社を介して、大手ノンバンク(年利2.2%)への全借入の借換をご提案したところ、年間の金利負担額を約60万円軽減できました。返済日も統合できたため、精神的な負担も軽くなったとご好評いただきました。

Bさんの場合:34歳 医師 独身 年収1,200万円の場合

Bさんは、投資物件3戸(総借入額4,200万円)という状況でした。

既存借入額の内訳
1.Aノンバンク 年利2.8% 残1,300万円
2.Aノンバンク 年利2.8% 残1,400万円
3.c地方銀行 年利3.4% 残1,500万円

Bさんは、計2行から借入していましたが、ローン借換シミュレーション会社を介して、都市銀行(年利1.8%)への全借入の借換をご提案いたしました。その結果、年間の金利負担額を約50万円軽減できました。Bさんの場合は、年利の低い都市銀行に借換できたため、長期的に見ても効果的な借換と言えるでしょう。

Cさんの場合:48歳 会社員 既婚 年収780万円の場合

Cさんは、投資物件3戸(総借入額4,900万円)という状況でした。

既存借入額の内訳
1.c地方銀行 年利4.3% 残1,600万円
2.c地方銀行 年利4.3% 残1,500万円
3.a都市銀行 年利3.0% 残1,800万円

Cさんの場合、借入先のうち、c地方銀行の年利4.3%が特に負担になっていました。
そこで、ローン借換シミュレーション会社を介して、大手ノンバンク(年利2.2%)への全借入の借換を実行したところ、年間の金利負担額が約80万円も軽減されました。

ここでご覧いただいた3例のように、ローン借換によるメリットは非常に大きなものです。JPIでは、お客様の現在のローンを精査した上で、より良いローンへの借換のお手伝いをしておりますので、ぜひ一度ご相談ください。
不動産投資のポイント
  • 節税:税金対策目的で購入してませんか?
  • 利益:売却利益目的で購入してませんか?
  • 安心:家賃が下がらないと聞いていませんか?
  • 条件:斡旋されたローンの条件が悪すぎませんか?
  • 管理手数料:専有部分の管理手数料ご存知ですか?
  • 新築:新築ばかりお持ちではないですか?
  • ローン借換シミュレーション
  • JPIが選ばれる理由
  • 新学生住まいプラン
  • 不動産投資でお悩みの方へ 専門の弁護士がお答えします
  • 不動産投資コラム