不動産投資のポイント

税金対策目的で購入してませんか?

「税金が生涯にわたって安くなりますよ!」こんな営業トークに乗せられて、物件購入をお考えなら、それは間違いです。
節税

一般的に物件取得時、不動産所得の申告をします。その際、家賃収入から経費(減価償却費・ローン金利・雑費など)を引き、赤字所得になる場合は本業の所得(給料所得など)と合算し、損益通算をすることになります。初年度は、物件取得時の諸費用などでまとまった金額が必要となるために赤字所得となりやすく、減税できるケースがほとんどです。
しかし、2年目以降はそれらの諸費用の計上が出来ないため、帳簿上は赤字所得となりにくく、結果として減税の効果は見込みにくくなります。
減税効果はあくまでも初年度だけ。そう考えたほうが賢明かもしれません。

売却利益目的で購入してませんか?

「この物件は、将来必ず高値で売却することができますよ!」こんな勧誘の言葉は危険です。
利益

確かに物件によっては、購入時よりも高値で売却できる場合もございますが、非常に稀なケースであると言わざるを得ません。ひと昔前のバブル景気の頃ならいざ知らず、不景気が続いている現状では、ほぼ購入時よりも価格が下がってしまうと思っておいたほうがいいでしょう。

不動産は、基本的に経年劣化により価値が下がるのが普通なのですから、売却利益を目的に購入されるのは、再考されたほうが無難でしょう。

家賃が下がらないと聞いていませんか?

「家賃は、一度設定すると下げる必要はありませんよ!」こんな甘い言葉には注意が必要です。
安心

一般的に、経年とともに家賃は下げなくてはいけないとお考えください。賃貸物件の家賃は、共有部分の劣化や専有部分の設備の老朽化、さらには近隣に新しい物件が建つことなどによって、変動するためです。
もちろん、物件の中には、近くに商業施設ができたり、新駅が開通したりすることで家賃が下がらない場合もありますが、あくまでも特殊なケースです。このようなケースを想定して、購入することは賢明な判断とはいえません。

ページのTOPへ

斡旋されたローンの条件が悪すぎませんか?

「物件購入時にローンを組んだけど、どうもローンの条件が悪いような気がする…」現在のローンに、こんなご不満をお持ちではありませんか?
条件

投資不動産販売会社と金融機関やローン会社は、基本的にローンの業務提携があります。そのため、物件購入時には当然、提携をしている金融機関やローン会社のローンを勧めてきます。この際、果たして、そのローンの良し悪しまで深く考えて契約しているでしょうか。
当社は様々な金融機関やローン会社と提携しているため、お客様の状況に応じて、最適なローンへの借換をご提案できます。ローンに疑問や不満をお持ちの方は、ぜひ当社にご相談ください。まずは、現在のローンが最適なのかを判断してみましょう。

専有部分の管理手数料ご存知ですか?

「こんなに管理手数料が掛かるとは思わなかった…」実際に不動産投資をされると管理手数料の金額に驚かれる方も多いのです。
管理手数料

区分で投資物件を保有されている方で、専有部分の管理手数料をご存知の方は、非常に少ないのではないでしょうか。さらに物件を遠方に保有されている方は、自己管理が物理的に不可能なため、管理会社に委託される場合がほとんどです。だからこそ、実際に不動産投資をされると管理手数料の金額に驚かれる方も多いのです。
しかし、物件を保有する以上、どれくらいの経費が掛かっているかを知っておかなければいけません。「管理会社に手数料をいくら払っているのか」「他の管理会社では手数料や家賃保証はどうなっているのか」などをしっかりと把握することは、コスト削減にもつながります。まずは効率的な不動産投資のためにも、管理手数料を一度見直してみましょう。

新築ばかりお持ちではないですか?

「新築物件じゃないと、入居者が集まらないのでは?」不動産投資をされる方の中には、このような理由で新築物件だけを購入される方が少なくありません。
新築

確かに新築物件は、入居者側にとっても魅力的な物件です。しかし、新築の投資不動産をフルローンで購入してしまうと、家賃収入とローン返済金額を比べた場合、毎月マイナスになってしまう恐れもあります。戸数を増やせば、と考えがちですが、そうなると融資条件も悪くなり、金銭的な負担はさらに増します。
そこでおすすめなのが、リノベーションされた中古物件です。新築に比べて価格が安い上、最新設備などを用いてリニューアルされているので、「古臭さ」「汚さ」を感じることもありません。
新築物件だけにこだわるのではなく、「安くてキレイな中古物件」を活用するなどしてランニングコストを抑えることができれば、不動産投資による収入をより安定させることができます。

不動産投資のポイント
  • 節税:税金対策目的で購入してませんか?
  • 利益:売却利益目的で購入してませんか?
  • 安心:家賃が下がらないと聞いていませんか?
  • 条件:斡旋されたローンの条件が悪すぎませんか?
  • 管理手数料:専有部分の管理手数料ご存知ですか?
  • 新築:新築ばかりお持ちではないですか?
  • ローン借換シミュレーション
  • JPIが選ばれる理由
  • 新学生住まいプラン
  • 不動産投資でお悩みの方へ 専門の弁護士がお答えします
  • 不動産投資コラム