会社案内

ファミリー向けの物件を選ぶ際のポイント!

ファミリー向けの物件を選ぶ際のポイント!

不動産投資をする上で、ターゲットを絞ることは重要なポイントのひとつです。
ターゲットによっては物件に必要な要素が大きく異なり、見立てを誤ればいくら物件の状況や周囲の環境がある程度整っていても入居者は増えてくれません。

例えば単身者とファミリーとでは物件や周辺環境に求める条件が全く違います。それぞれの需要に合った物件選びをすることが重要です。
ここではファミリー向けの物件を選ぶ際のポイントについてご紹介します。


コストパフォーマンスで選ぶ

単身者であれば駅から近いなどの交通の利便性が重要なポイントになりますが、ファミリー向けの物件においては、単身者向けほど重要な要素ではありません。
ファミリー向けの物件は、交通の利便性よりも、生活におけるコストパフォーマンスという点が重要になります。

子育てをしている場合、教育費や医療費が家計を占める割合が大きくなります。
子どもの医療費を無償にしている、また妊娠や出産を控えているなどのケースでは、地方自治体による助成制度があるかどうかなどが重要なポイントなのです。
保育園や幼稚園の充実度も肝心ですし、それら施設の費用も大きな問題になります。

ファミリー向けの物件を選ぶ際は、そのエリアの自治体がおこなっているサービスや近隣施設のコストなどをしっかり調べ、子育てしやすいエリアになっているかどうかを確認するようにしましょう。


子育てに適した環境を選ぶ

単身者、特に学生などの若者をターゲットにするのであれば歓楽街が近くにあるとプラスの要素になることもありますが、子育てしているファミリーにとってはマイナスになることがあります。
ファミリーに人気の物件特徴に、閑静な住宅街で、なおかつ近所に大きな公園があり、また緑が多いエリアというものがあります。
不特定多数の人が集まる歓楽街よりも、基本的に決まった人間だけが周囲にいるという環境のほうが安心できるのです。

娯楽施設よりも教育施設が充実しているエリアを好む傾向もありますので、学校や塾や予備校などが近辺にあるかどうかチェックすることが重要になってきます。

子どもがのびのび暮らせる物件を選ぶ

子どもがのびのび暮らせる物件を選ぶ

単身者は自分の生活について考えて物件を選びますが、ファミリーの場合、親は子どものことを中心に考えて物件を選ぶ傾向があります。
つまりファミリー向けの物件を選ぶ場合、子どもが暮らしやすい物件であるかどうかがポイントになるということです。

あえて1階の物件を選ぶというのも、子育てファミリー向け物件を選ぶ際のポイントになります。
子どもがドタバタと遊びまわるのは日常茶飯事です。
1階であれば階下の人の迷惑を気にする必要がありません。

また窓やベランダから子どもが転落するという事故も、1階であれば大きなケガにつながることもないでしょうから、親も安心して子どもを遊ばせることができるでしょう。
また部屋の設備や間取りについても、リビングとキッチンが一体化している、子ども部屋に鍵がついておらず子どもが閉じこもる心配がない、子どもが成長しても充分生活できる、 収納スペースが豊富など、親子のコミュニケーションがとりやすく、また長い期間生活しやすいものになっているかどうかが重要になります。

ファミリー向けの物件を選ぶポイントは、行政のサービスが充実しておりコストが抑えられる、子育てに向いている、という点が重要になります。
ファミリー向けの不動産投資を考えている方は。ここで紹介したことを参考にしてみてください。

不動産投資のポイント
  • 節税:税金対策目的で購入してませんか?
  • 利益:売却利益目的で購入してませんか?
  • 安心:家賃が下がらないと聞いていませんか?
  • 条件:斡旋されたローンの条件が悪すぎませんか?
  • 管理手数料:専有部分の管理手数料ご存知ですか?
  • 新築:新築ばかりお持ちではないですか?
  • ローン借換シミュレーション
  • JPIが選ばれる理由
  • 新学生住まいプラン
  • 不動産投資でお悩みの方へ 専門の弁護士がお答えします
  • 不動産投資コラム