会社案内

不動産投資における「出口戦略」の考え方を紹介

不動産投資における「出口戦略」の考え方を紹介

一般的な投資には「入口」と「出口」があると言われており、不動産投資も例外ではありません。
「入口」とは投資物件の「購入」を指し、「出口」は「売却」または「ローンの完済」のことを指します。
「出口」から出ないと投資は終わらないということで、最終的な利益の確定にはならないのです。

ここでは不動産投資における「出口戦略」の考え方についてご紹介します。


安定収入はいつまで続くかわからない

仮にマンションで不動産投資をおこなっていて、そのマンションが「満室状態」であった場合、「どうしてそのマンションを売却して不動産投資の出口から出なくちゃならないんだ」と疑問に思う方もいると思います。

しかし「満室」という状況は一過性のものです。未来永劫途切れることなくすべての部屋に入居者がいてくれるとは限りません。
現在満室でも、それがいつまでも続くという保証はどこにもないのです。

家賃を確実に払ってくれる、トラブルを一切起こさない入居者のみで満室である状況がいつまでも続くのであればいいですが、そんなことはまずあり得ませんので、時期を見計らって売却することを常に念頭に置いておくことが重要なのです。


出口戦略は購入時から始まっている

売却という出口戦略をおこなうにあたっては、そのタイミングがとても重要になります。
入居者が減り始め、物件に対する需要が減少してきたと感じたからと言って、不動産市場の状況を知らずに売りに出してはいけません。

購入時よりも安い価格で売却しては、不動産投資が成功したとは言えないからです。
購入時よりも安く売ってしまっては何のためにその物件を購入し投資したのかわかりません。

物件の購入時から常に出口のことを考えておくことが重要になります。
できるだけ相場より安い物件を購入することも重要ですが、購入後の管理もしっかりおこなわなければいけません。
管理に失敗すると物件の価値が下がりますし、また入居率も下がりローンの返済などが滞り、したくなくても売却せざるを得ない状況に陥る可能性があります。
そうすると市場の動向に合わせた売却をおこなうことができず、充分な売却益を得られないということになってしまいます。

繰り上げ返済が出口戦略のポイント!

繰り上げ返済が出口戦略のポイント!

出口戦略のひとつに、繰り上げ返済というものがあります。繰り上げ返済というのは、月々のローンの返済とは別に借入額の一部または全額を返済すること。
通常の返済と繰り上げ返済との大きな違いは、支払う返済分に利息分が含まれないという点です。
繰り上げ返済をおこなうことで、元金にかかる利息が減って、返済総額を大幅に減らすことができます。

また、管理会社に支払う管理費を削減するなど、定期的に支払っている額を引き下げるというのも重要です。
ローンの金利を減らす、またはローンを完済しておくこと、そして管理費などをできるだけ削減することで「いつでも売却できる状況」を作ることが出口戦略の大きなポイントであると言えるでしょう。

以上が出口戦略の考え方と、そのポイントです。
入口から入ったからには必ず出口から出なければなりません。

不動産投資をお考えの方は、常に出口のことについて意識を向けるようにしておきましょう。

不動産投資のポイント
  • 節税:税金対策目的で購入してませんか?
  • 利益:売却利益目的で購入してませんか?
  • 安心:家賃が下がらないと聞いていませんか?
  • 条件:斡旋されたローンの条件が悪すぎませんか?
  • 管理手数料:専有部分の管理手数料ご存知ですか?
  • 新築:新築ばかりお持ちではないですか?
  • ローン借換シミュレーション
  • JPIが選ばれる理由
  • 新学生住まいプラン
  • 不動産投資でお悩みの方へ 専門の弁護士がお答えします
  • 不動産投資コラム