会社案内

不動産は「立地」が何よりも重要!

不動産は「立地」が何よりも重要!

マンションを購入し不動産投資するときに、重要になってくるのがマンションの立地です。
建物の構造や設備、部屋の間取りなどだけではなく、そのマンションがあるエリアや周囲の環境なども物件の価値になり、不動産投資が成功するか失敗するかを左右します。
物件だけではなく、街の雰囲気や利便性もしっかり見極めて物件を選定することが重要であると言えるでしょう。

ここでは不動産投資において大切な不動産の立地を選ぶ際のポイントをご紹介します。


まず立地条件の優先順位を決める

立地条件の良し悪しを見極めるには、まず自分がそこに住むと想定して考える必要があります。
手ごろな価格で設備の充実した物件であっても、山奥にあったり、周囲に何もない僻地に建ったりしていたのでは、住みたいと思う人は少なくなりますよね。

生活をする上で必要な施設や店が周囲にあるのか、駅やバス停からどれくらいの距離があるかなど、良い立地かどうかをしっかりチェックしましょう。


生活利便性をチェック

良い立地の条件のひとつが、生活が便利に送れるかどうかという点です。
日々の生活に欠かせないスーパーやコンビニ、近くにあると安心な病院や銀行、またお子様がいるなら学校などがマンションや最寄り駅の周囲にあったほうが便利です。
生活の利便性のために必要な施設は以下のとおりです。
立地条件を調べる際の参考にしてみてください。

【商業施設】
スーパーマーケット、コンビニ、ドラッグストア、ファミリーレストランなどです。
物件からの距離や店舗の規模や取り扱っている商品、価格、営業時間などを調べておきましょう。

【公共施設】
市役所(区役所)、銀行、郵便局、警察(交番)、消防署などです。
これらの施設がエリア内にあるか、また物件からどれくらい離れているかなどをチェックしておきましょう。

【教育・医療施設】
保育園や幼稚園、小学校、中学校、高校などの教育機関が近くにあるか、また病院がどれくらいの場所にあるかなども調べておきましょう。
保育園などは、待機児童の状況なども確認しておくといいです。

交通利便性をチェック

通勤や通学をするとした場合、駅やバス停が近くにあると入居者にとっても便利です。
物件から駅やバス停まで徒歩でどれくらいかどうか調べましょう。
また、駅やバス停が近くにない場合、空きのある駐車場が物件内、もしくは近くにあるかどうか調べておくことをおすすめします。

【公共交通機関】
駅やバス停までの徒歩経路や所要時間、バスの本数、電車の始発終電などをチェックしておきましょう。
また、電車は乗り入れ路線や、主要ターミナル駅までの所要時間、発着頻度なども調べておくといいです。

【道路の状況】
周囲の道路状況を調べ、通勤時に渋滞することがないかどうか、道幅は充分かどうかなどを調べておきましょう。

治安をチェック

治安をチェック

治安の良い地域のほうが安心できますから、比較的入居者が途切れにくくなります。実際の物件の近辺を歩いてみて、周囲の環境を直接確認しましょう。
休日の昼間だけではなく、平日の昼間、休日の夜、平日の夜など、いろいろな時間帯の状況を確認してください。

良い立地に建っていれば、それだけでその物件の魅力になってくれます。
いくら建物の状態がよくても、立地が悪ければ人が集まらず、不動産投資は成功しないでしょう。
ここで紹介したことを参考にして、物件の建っている立地状況をしっかり調べるようにしてください。

不動産投資のポイント
  • 節税:税金対策目的で購入してませんか?
  • 利益:売却利益目的で購入してませんか?
  • 安心:家賃が下がらないと聞いていませんか?
  • 条件:斡旋されたローンの条件が悪すぎませんか?
  • 管理手数料:専有部分の管理手数料ご存知ですか?
  • 新築:新築ばかりお持ちではないですか?
  • ローン借換シミュレーション
  • JPIが選ばれる理由
  • 新学生住まいプラン
  • 不動産投資でお悩みの方へ 専門の弁護士がお答えします
  • 不動産投資コラム