会社案内

サラリーマンが不動産投資をおこなうメリット

サラリーマンが不動産投資をおこなうメリット

会社に勤務しながら不動産投資をおこなう「サラリーマン大家」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
実は、会社員(サラリーマン)としての立場を上手に利用することで収入を増やし、節税をおこなうことが可能です。

いろいろとメリットのあるサラリーマンの不動産投資についてご紹介します。


メリット^堕蠎入があるので融資を受けやすい

勤続年数が長く一定以上の収入がある人は、銀行融資的に安定していると見られやすくなります。
それほど高額な不動産投資でなければ、仮に投資に失敗したとしてもサラリーマンとしての給料でローンの返済ができるため、銀行側も融資しやすくなります。


メリット⊆入を増やすことができる

不動産投資による賃貸収入を得ることができれば、サラリーマンとしての給料とのダブルインカムを得ることができます。
賃貸収入を長期的に積み立てて、私的年金の確保などもでき、老後の資産形成も可能になるでしょう。

メリット節税をすることができる

不動産投資目的で物件を購入した場合、購入代金の一部を「減価償却費」として経費にすることが可能です。

また、管理費用や修繕費用なども経費にすることができ、節税をおこなうことができます。
サラリーマンの場合だと、会社員としての給料と不動産投資による収益の「損益通算」をおこなうこともできます。
不動産収支が年間で赤字になった場合に損益通算して確定申告することで、納めすぎた所得税還付を受けることができるのです。

ほかにも所得税の納税額で計算される住民税の節税も同時にできるなど、節税効果がたくさんあります。

メリットだ弧進欷韻砲覆

不動産を購入するために融資を受ける際には、団体信用生命保険への加入が必要です。
ローン返済期間中に加入者が死亡する、高度障がい者になるなどの万が一のときでもローンの残債は団体信用生命保険から返済され、家族に“借金のない”不動産を残すことが可能になります。

メリットロ危阿覆物件を売却できる

不動産投資における収益には、インカムゲインとキャピタルゲインの2種類あります。
インカムゲインとは賃貸収入などの、不動産を保有していることで生まれる利益のこと。
キャピタルゲインというのは、不動産を売却することで発生する利益のことです。

基本的に、キャピタルゲインのほうが得られる利益が大きくなります。
先祖代々の土地で不動産投資しているなどの地主タイプの大家であれば、土地に対する個人的な思い入れや、親戚とのしがらみなどが強く、なかなか物件を手放すことができません。
しかし不動産投資を目的にその土地を購入したサラリーマン大家であれば、躊躇なく売却することができ、大きな収益を得やすいというメリットがあるのです。

不動産投資の際の注意点

住宅ローンの借り換えをする際の注意点

メリットが多いサラリーマンの不動産投資ですが、もちろん注意しておくポイントもあります。

・ 投資金額が大きい
いくら融資を受けやすいとは言え、物件購入は大きな買い物です。
無理のない価格帯の物件を購入するようにしましょう。

・ 空室リスク
空室が出ることで、その分の賃貸収入はゼロになります。
空室が出ないような人気の土地を選ぶなど、物件選びは慎重におこないましょう。

・ 買い手がすぐに見つからないことも
すぐに売却して現金が必要な場合、金額が大きくなる不動産はすぐに買い手が見つからないこともあります。
先行きを見通した投資をおこなうようにしてください。

注意点はいくつかありますが、それは不動産投資全般における注意点で、決してサラリーマンに限ったものではありません。
安定した仕事を持ち手元に資金の余裕があるのであれば、一度不動産投資について検討してみてはいかがでしょうか。

不動産投資のポイント
  • 節税:税金対策目的で購入してませんか?
  • 利益:売却利益目的で購入してませんか?
  • 安心:家賃が下がらないと聞いていませんか?
  • 条件:斡旋されたローンの条件が悪すぎませんか?
  • 管理手数料:専有部分の管理手数料ご存知ですか?
  • 新築:新築ばかりお持ちではないですか?
  • ローン借換シミュレーション
  • JPIが選ばれる理由
  • 新学生住まいプラン
  • 不動産投資でお悩みの方へ 専門の弁護士がお答えします
  • 不動産投資コラム