会社案内

住宅ローンの借り換えにはどんなメリットがある?

住宅ローン借り換えのメリット

不動産投資をおこなっているのであれば、住宅ローンの借り換えを検討することがあると思います。
住宅ローンの借り換えはうまく活用すれば有益に働く可能性のあるものです。

しかし、メリットがある反面、注意しておきたいポイントもあります。
ここでは住宅ローンの借り換えをおこなうメリットや、借り換えの際の注意点などをご紹介します。


住宅ローン借り換えのメリット

現在のローンの残高分を別の金融機関から借り入れして完済し、その後、新しい金融機関にローンの支払いをしていくというのが住宅ローンの借り換えです。
住宅ローンの借り換えをすることで得られるメリットは以下のとおり。

・ 返済額の削減
固定金利で住宅ローンを返済している方であれば、金利の低い住宅ローンに借り換えることで、返済額を大幅に削減することができます。
場合によっては数百万円単位で削減することが可能です。

・ 金利のタイプを変更できる
金利タイプを変更することができます。
たとえば、変動金利タイプで借り入れしていたとして、将来的に金利上昇が見込まれるなどの場合、固定金利タイプの住宅ローンに借り換えることが可能です。
また、その逆のパターンの変更もできます。

現在借り入れている金融機関でも金利タイプの変更ができることもありますが、金融機関によって金利タイプの向き不向きがあります。
つまり、固定金利に強い金融機関、変動金利に強い金融機関などがあるのです。
そのため金利タイプに強い金融機関に借り換えるほうが得になることが多くなります。

・ 借り換えの特典を得られることがある
住宅ローンを組むことに特典を設けている金融機関もあります。
そのような特典を得られるのも、住宅ローンの借り換えをするメリットのひとつです。

住宅ローンの借り換えをする際の注意点

住宅ローンの借り換えをする際の注意点

住宅ローンの借り換えをする際に注意しておきたいポイントを紹介します。

・ 借り換えには費用がかかる
借り換えには、借り入れの際に支払うような事務手数料や保証料などのような諸費用がかかります。

また、登記費用なども再び支払う必要が出てきます。
保証料を一括前払いにしていた場合は借り換え時に一部返還されることもありますが、それはごくわずかですし、保証料を上乗せ方式にしていたなどのときは返還されないので注意してください。
これら諸費用が大きくなると借り換えのメリットが小さくなってしまうので、それらの費用がどれくらいかかるのかしっかり把握しておきましょう。

・ 条件次第で損になることがある
上記の諸経費などの支払いを考慮した場合、借り換えはある一定の条件下でないと損をしてしまう可能性があります。
一般的に損をしないための条件は、

金利差が1%以上ある
残りの返済期間が10年以上ある
借り入れ残額が1000万円以上ある

であると言われています。

・ 借り換えには審査がある
借り換えをする際にも審査があります。
詳細は機関ごとに違いますが、一般的に「勤続2〜3年以上で年収が300万円程度」というケースが多いです。
借り入れ前に転職をしたり、給与が減っていたりすると借り換え審査が通らないこともありますので注意してください。

ほかにも、健康状態が悪化していると借り換えの際に加入が必要な団体信用生命保険に加入できない可能性があります。

また、目先の低金利を目的にして固定金利タイプから変動金利タイプに借り換えると、その後金利が上昇するなどのリスクも出てきますので注意してください。
住宅ローンの借り換えは、きちんと検討しておこなうことで大きなメリットを得られるのだというのを忘れないようにしましょう。

不動産投資のポイント
  • 節税:税金対策目的で購入してませんか?
  • 利益:売却利益目的で購入してませんか?
  • 安心:家賃が下がらないと聞いていませんか?
  • 条件:斡旋されたローンの条件が悪すぎませんか?
  • 管理手数料:専有部分の管理手数料ご存知ですか?
  • 新築:新築ばかりお持ちではないですか?
  • ローン借換シミュレーション
  • JPIが選ばれる理由
  • 新学生住まいプラン
  • 不動産投資でお悩みの方へ 専門の弁護士がお答えします
  • 不動産投資コラム